過酷な調査以外は参加できる見込みは少ないです。

募集枠が埋まってしまった調査でも、「キャンセル待ち」という形で登録出来る場合があります。

 

連絡があるまで待機を命じられる場合もありますが、当日他の調査員と一緒に現地に呼び出されるケースもあります。
その場合は土壇場でキャンセルがあったり調査員がバックレたりした場合の補充要員として待機することになります。

 

もし他の調査員のキャンセルが無かった場合でも拘束料として数千円が支払われ、途中で帰されます。
少ないですが何も仕事をしなくてもお金を貰えるのでおいしいです。ただそういった調査は24時間調査など過酷なケースの場合が多いので大概キャンセルが発生し、結局穴埋めのために調査に参加することになる場合がほとんどです。

 

拘束料だけを狙って応募するのは愚行にも程があるので手を出さないようにしましょう。

交通量調査参加の流れ・応募編
交通量調査のあれこれを解決!
交通量調査参加の流れ・説明会編
交通量調査のあれこれを解決!
交通量調査参加の流れ・服装編
交通量調査のあれこれを解決!