S.H.フィギュアーツの膝パーツについて

現在広く流通している可動フィギュアの中でも、対象年齢15歳以上とされているモノはパーツが小さかったり、時には簡単に外れてしまう(ポロリしやすい)傾向があります。パーツの着け外しで摩耗してしまうことも多いです。

その大半は木工用ボンドを使った補強で改善されます。

 

 

しかし、ポロリしやすいパーツの中にもチェックを忘れがちなモノがあります。S.H.フィギュアーツシリーズの膝パーツがその筆頭です。

大手の玩具会社であるバンダイが制作、販売しているだけあって頑丈さは他のフィギュアシリーズの追随を許さないこのシリーズ。それだけに着け外しを前提としないパーツは接着されていることが多いのですが、何故かこの膝パーツだけは決まって接着されていないのです。ご覧のとおり接続穴もそれほど深いわけではないので、簡単に外れてしまいます。

この膝パーツにポロリ対策を施さないと何かに軽くぶつけた拍子にポロッと外れてしまい、自室で永遠のお別れなどという間の抜けた惨事に発展しかねません。管理人も何度か危ない目に遭ってます。

膝パーツのあるフィギュアーツは余程の事情がない限り、瞬間接着剤のような強力な接着剤で対策を施すことをオススメします。

ただ、電王クライマックスフォームだけはこのように膝パーツの着け外しで必殺技を再現することになるのでやるとしても木工用ボンドでの対策に留めておきましょう。

 

関連記事


人気記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

最新情報

2013年8月1日figmaレビュー
【レビュー】figma アスナ
2013年7月31日figmaレビュー
【レビュー】figma 八神はやて MOVIE 2nd A’s ver.
2013年7月30日フィギュア管理
ルネッサンスワックスで色移り防止?その2
2013年7月6日フィギュア管理
ルネッサンスワックスで色移り防止?その1
2013年7月5日S.H.フィギュアーツレビュー
【レビュー】S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーサイクロン

このページの先頭へ