フィギュアの保管方法・未開封品の保管について

レビューが出来ない時は初心者講座を書いていこうと思います。
今回は未開封品保管の注意点について。

暑いところでの保管は厳禁!

アクションフィギュアにかぎらず、フィギュアの複数買いはコアなユーザーにとっては常識。
未開封のフィギュアが山積みになるなんていう状況もザラです。

フィギュアのパッケージはそのフィギュアを入れておくことに特化した形なので、場所さえ確保できればこれほど
理想的な保管方法はありません。

ですが、この保管方法に関して一つだけ注意点が。
それは気温が高いところに置いておくとフィギュアがべたついてしまうということです。

フィギュアと可塑剤

特定のフィギュアシリーズには可塑剤が多く使われてます。
この可塑剤っていうのは素材に柔軟性を持たせるための素材。PVC製素材、とりわけ軟質パーツに沢山含まれてます。

これが熱に弱いので、暑いところに置いておくと表面ににじみ出てせっかくのフィギュアがべたついてしまうのです。ROBOT魂やスーパーロボット超合金などABS製の素材で大部分が構成されたフィギュアはともかく、figmaやフィギュアーツなど、PVCを使ったフィギュアの保管には細心の注意を払う必要があります。

以前レビューしたfigma ブラック★ロックシューター TV Animation ver.も輸送中の熱気が原因で軟質素材がベタついて各所で不具合の報告がありました。

また、可塑剤による経年劣化はほうっておくと確実に起こります。どうしても長年新品同然の状態を保ちたいのなら、半年に一度程度のスパンで定期的に開封して可塑剤の充満を防ぎましょう。

フィギュア保管は冷暗所で!

そんなわけでフィギュアの保管は涼しくて、暗い場所でするのがオススメ。
紫外線による塗装の劣化も防げて一石二鳥です。定期的な開封も忘れずに。

基本的に押入れに入れておけば問題ありませんが、日が当たりやすい南側の部屋は避けましょう。どうしてもそれが無理ならカーテンで日光を遮断した上で押し入れを利用しましょう。

極端な話冷暗所といえば冷蔵庫が思い浮かびますが、フィギュアのためだけに冷蔵庫を買う人はたぶんいないでしょう。また、気温が低すぎても結露が起こってしまうのでオススメしないでおきます(´・ω・`)


補足:押し入れで保管する際は、こういったキャスター付きのケースに入れておくと出し入れがしやすくなります。

関連記事

人気記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

最新情報

2013年8月1日figmaレビュー
【レビュー】figma アスナ
2013年7月31日figmaレビュー
【レビュー】figma 八神はやて MOVIE 2nd A’s ver.
2013年7月30日フィギュア管理
ルネッサンスワックスで色移り防止?その2
2013年7月6日フィギュア管理
ルネッサンスワックスで色移り防止?その1
2013年7月5日S.H.フィギュアーツレビュー
【レビュー】S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーサイクロン

このページの先頭へ