ルネッサンスワックスで色移り防止?その2

DSCF4755.JPG
あれから3日経ちました!・・・ウソですゴメンナサイ、ざっと3週間以上更新放置してました。

果たして前回のコレがどうなったのか・・・

この投稿の続きを読む »

タグ

ルネッサンスワックスで色移り防止?その1

そろそろ網戸で過ごしたくなる日が多くなって来ました。この時期は同時にフィギュアの変形や色移りが怖い時期でもあります。
個人的にはフィギュアケースを買って色んな飾り方をするようになったので一層怖くもあったり…

どうにかならないかとネット上を探しまわってみると、『ルネッサンスワックス』というものがフィギュアの色移りに物凄く効果的だという話。

DSCF4744.JPG
そんなわけで買ってみました。

この投稿の続きを読む »

タグ

関節が緩いorきつい。修理するには?

アクションフィギュアの中には種類や初期不良などが原因で関節が緩かったりキツかったりして遊びにくいものがあります。

figmaやリボルテックのように簡単に関節を交換できるならそれも良いでしょう。他のフィギュアはそうはいきませんが、交換しなくても下記の方法を使えば大丈夫。特に関節がキツいフィギュアはそのまま遊んでいると破損の原因になるので必ず対処するようにしましょう。

対処:関節のキツいフィギュア

対処法その1:お湯ぽちゃをする

ABSやPVCといったプラスチック樹脂は高温に触れると柔らかくなる性質を持っています。そういうわけでお湯にひたすと関節が曲げやすくなったり、回転させやすくなったりします。お湯につける、関節を曲げるを繰り返して丁度いい具合の曲げ易さに調整しましょう。

ABS樹脂(比較的硬い樹脂。フィギュアーツやROBOT魂などの基礎材料である硬質プラスチック)は60~70℃ぐらいのお湯でないと柔らかくならないのでやけどに注意。一度お湯から取り出したら短時間で勝負を決めましょう。

PVC樹脂(比較的柔らかい樹脂。figmaなんかはほぼ全部これで構成されてます)はお風呂程度の温度でかなり曲げやすくなるので安全に対処出来ます。お湯の温度が高過ぎるとびっくりするぐらい曲がって最悪破損に繋がるので注意

 

対処法その2:ヤスリで削る

素材を傷つけることになりますが、お湯ポチャでどうしようもない、なおかつ簡単に分解できる関節ならこんな手も。細かいヤスリで調整しながら削りましょう。削りすぎた場合は下記の方法で対処しましょう

 

対処:関節のゆるいフィギュア

対処法その1:薄めたボンドを流し込む

水で溶いた木工用ボンドを関節部分に流し込んで乾くまで待てば関節がしっかりします。詳しい方法はこちらから。

対処法その2:関節を凸凹にする

 素材を傷つけることになりますが、ボンドではどうしようもない、なおかつ簡単に分解できる関節ならこんな手も。ペンチでギザギザにします。ただ、やはり素材を傷める方法なのでやはりおすすめできません。

 

まとめ

両方のシチュエーションに対して2つの対処法を挙げましたが 、どちらにしても関節を傷つけない方法を取るのがオススメです。フィギュアの長持ちのためには出来るだけ形を変えないことが大切ですからね。

タグ

2012年11月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:フィギュア管理

【レビュー】おすすめのフィギュアケース。コレクションラック【ルーク】深型ハイタイプ

フィギュアを集めてるとだんだんコレクションラックが欲しくなってきます。
本棚や机の上に飾るのも良いですが、

  • 沢山飾れるか否か
  • 保存性
  • 見栄え

などなどを考えると、やっぱりフィギュア專用のケースがあった方が何かと都合が良いです。
特にたくさん飾りたい人は、何らかの衝撃で床に落下して破損・・・と言った事故を防ぐためにも、窓付きのケースが必須と言えます。ただ沢山飾るだけなら本棚に飾っても良いのですが・・・

あと、棚の位置を色々変えられると良いですね。飾りたいフィギュアは気分によって変わってきますからね。


僕が使っているのはこのラックです。

↓クリックで続き。

この投稿の続きを読む »

タグ

フィギュアの保管方法・未開封品の保管について

レビューが出来ない時は初心者講座を書いていこうと思います。
今回は未開封品保管の注意点について。

この投稿の続きを読む »

タグ

S.H.フィギュアーツの膝パーツについて

現在広く流通している可動フィギュアの中でも、対象年齢15歳以上とされているモノはパーツが小さかったり、時には簡単に外れてしまう(ポロリしやすい)傾向があります。パーツの着け外しで摩耗してしまうことも多いです。

その大半は木工用ボンドを使った補強で改善されます。

 

 

しかし、ポロリしやすいパーツの中にもチェックを忘れがちなモノがあります。S.H.フィギュアーツシリーズの膝パーツがその筆頭です。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像